KIFファイルの中身を、ここに貼り付けて「送信」を押します。
自分で駒を動かして盤面を再現することができます。 KIF形式の棋譜を変換して再生できます。
十手前後の次以降の手順を横に示した図を見ながら 駒を動かして検討することができます。
ブログに将棋参考図/囲碁参考図
右に変換後の棋譜が表示されるので、中央の枠にオンマウスで先、後を選んで右下の「送信」を押します。
将棋参考図作成盤使い方
棋譜を変換すると、最後の手の局面図が表示されます。
(参考に→)
示したい手順の最後の手に十手目、示したい手順の前の手に初手を選ぶと、初手の局面図及び十手目までの手順が表示されます。
参考図作成方法
次以降の手順を図の横に表示させる方法
(←参考に)
次以降の手順を表示させて、その手順に沿って駒を動かします。
将棋参考図作成盤
駒を押して、動かして放すという操作方法

将棋さくさく検討

動かし終わったらブラウザの「←」を二回押して戻ります。
(表示した手順の最後の手が選択された状態)
将棋棋譜サバ形式
新しい標準形式で管理できます。
さくさく検討
使い方の詳しい説明
表示した手順の最後の手の次の手を示したい手順の前の手にして繰り返します。
駒を自由に動かせる将棋盤
駒位置保存できる将棋盤