1. 百獣日記
  2. 1
  1. 2018-03-11
  2. 無料棋譜管理ソフト
  3. さくさく検討
  1. 2018-03-10
  2. 棋譜検索の画面で「棋譜保存」
  3. 手数を指定して、説明文を書いて「棋譜保存」してリストに追加できます。上のメニューから保存できます。
  1. 2018-03-09
  2. 検討図も複数まとめて作れます
  3. いくつか検討図を作ってローカルストレージに保存しておくと、棋譜検索のリストに出るので、メニューの「保存」でテキストファイルに保存できます。
  1. 2018-03-08
  2. 保存した棋譜データのテキストファイルを使って検討
  3. メニューの「開く(.txt)」からファイルを選んで、検討したい総譜をリストから選んで「棋譜作成」し、キーに棋譜IDを書いて棋譜保存します。
  1. 2018-03-07
  2. 棋譜付けした棋譜の保存
  3. 「変化図を再表示」して、メニューの「保存」からファイル名を指定して保存できます。
  1. 2018-03-06
  2. sgfファイルの変換
  3. メニューから「開く(.sgf)」でsgfファイルを選んで、「棋譜作成」して、「日付をセット」して「棋譜保存」でローカルストレージに保存できます。
  1. 2018-03-04
  2. 任意の手数から「棋譜作成」で変化図を作れます
  3. 「変化図を再表示」して、元の手数を入力して「表示する」と、元の図と「>」が出るので「>」を押して一手ずつ進めたり「検討図表示」で手順図を出したりできます。
  1. 2018-03-03
  2. 総譜をローカルストレージに保存
  3. キーに棋譜IDを入力して「棋譜保存」すると「棋譜検索」でリストから選べるようになります。
  1. 2018-03-02
  2. ファイル名を年月「201803.txt」にして保存
  3. 複数の総譜と検討図の棋譜データを一つのファイルで管理できます。
  1. 2018-03-01
  2. 検討図のデータは、総譜と同じ棋譜IDを付けます
  3. 「00001|連番」と半角「|」区切りの後に、半角「,」と検討図の棋譜を、総譜の次以降の行に書きます。
  1. 2018-02-28
  2. 説明文などは半角「|」区切りの最後に
  3. リストに表示できなくても、リストから選択したときに右下に表示されます。